市販のPC用スピーカーでこれを超えるものは、まず無いと思います。
広告


広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

楕円型デザインがトレンドになるか!?

chr70gen1029.jpg

Scan-Speak Ellipticorシリーズではボイスコイルが楕円、
写真のMarkAudio CHN-70 Gen.1では微妙に振動版が楕円である、
セミ楕円型デザインが採用されている。
ONKYOのオブリコーンというのもある。
そもそも対称形で作るというのは、
特定周波数での共振させようとする行為であることはわかっているのに、
デザイン面と設計や製造のめんどくささの為に仕方なく採用しているのである。
よりよい音をというなら、本来楕円でも生ぬるいぐらいだ、
筋がね入りのオーマニが愛用いているスピーカーが、
適当に作ったような、いびつな見た目の自作スピーカーというのは、
そういったことと関係しているのかもしれない。



押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マークオーディオからスピーカーシステム発売

Tozzi220170829.jpg

写真はTozzi2で、磁性流体など使わないごまかしなしの、
ダンパレススピーカーユニットを使ったシステムです。
本格的に完成品市場に参入してきたみたいですね。
やはり自作狙いだけでは、厳しいのか、、、、

エンクロージャーはアルミで、アスファルト系ダンプ材でダンプしたもの。
個性を前面に出さないと商売的に難しいのはわかりますが。
普通に木と吸音材じゃないと自分は論外ですな。




押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

楕円ボイスコイル Scan-Speak Ellipticor

Ellipticorvoice.jpg

見ての通りボイスコイルが楕円です。
スピーカーの場合元々ほとんどのパーツが、
非対称形の方が良いことがわかってはいるのですが、
製造上いろいろやっかいなことがあるので、
やってないのです。
コーンの形状が楕円とか、オブリコーンなんてのもありますが、
ボイスコイルが楕円とは、、、、
よくぞこんな量産製造上困難なものを商品化したと思います。
計測上は40%近く歪みが減っているそうです。

さすがは、Scan-Speakですが、Ellipticorシリーズは最高級シリーズだそうで、
まだ、日本円の価格はわかりませんが、
とても手が出せる価格ではなさそうです。
自作というよりも、ハイエンドなメーカー製スピーカーに採用されて、
ショーなどで、数年後聞く機会がありそうです。



押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

Bluetooth スピーカー Anypro q1を分解

anyprobunnkai.jpg

anyproをばらしてみた、上部に基盤,
中央にパッシブラジエターという、
この手のもののオーソドックスなつくり。
ユニットのメーカーはHi-fidというところのもの、
調べてみると実はこのHi-fidがAnyproにこのBluetooth スピーカー を、
OEM供給していることが判明。
Anyproは事実上メーカーではなく商社みたいなもんである。
さらに、興味深いことに、他にもどこかで見たような、
製品もこのHi-fidの製品の中にあり、評価の高い中華Bluetooth スピーカー は、
すべてこのメーカーからOEM供給されている可能性が高い。




押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

Bluetooth スピーカー Anypro q1を購入

anyproq1.jpg

お風呂で音楽を聞くのに購入。
結構いろんなこの手の商品を試聴できたので、
総評から書こう。

この手の商品は人気があり、
変な商品は淘汰されるせいか、
概ね良い商品が多い。
特に最近発売された新モデルは、
新興メーカーであっても6000円近辺モデルであれば、
有名メーカー数万円のものと比べても、
大差はないのには驚かされる。

基本的に小口径フルレンジの良さが生かされており。
なかなかどの製品も魅力的である。
スピーカークラフトされる方であれば、ご存じのとおり、
最近の小口径フルレンジの高性能化はすごい。
一般にはあまり認知されてないが、
こういう形で浸透していっているのは意外でもある。

特に良いと思ったのは、anypro q1と Qtuo royaler である。
しかし、お風呂でとなれば、royalerは防水でないので、
使えない。
音質だけで言えばroyalerのほうが良いように思えた。

音質的にはちとつらいけど、持ち運びには小さくて便利
3000円クラスで気楽に買える、TaoTronics TT-SK09もお薦めだ。
防水だし、気楽に音楽をどこででもというコンセプトには、
これが一番会うのかもしれない。






一つだけ注意すべきところは、非常に小さい音量で聞く場合、
DSP付きの新興メーカー品は、おかしな音になる点がある。
あまり実用上は問題にならないとは思う。

使ってみて思うのは気楽にどこででも音楽を楽しめるのは、
なかなか良いものである。
細かい音のことをどうのこうの思うより、
むしろこれぐらいのほうが純粋に音楽を楽しんでいるのかもしれない。




押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

広告
スタッフの方々のスキルが高く、
初心者からオーディオ歴数十年の方々まで、
的確にアドバイスしてくれます。
オーディオの事でお悩みでしたら是非。
プロフィール

オニール大佐

Author:オニール大佐
既婚?歳会社員

ブログ村

押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
過去記事ハイライト
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。