市販のPC用スピーカーでこれを超えるものは、まず無いと思います。
広告


広告

Duranty MKⅡ ACA-SP172PP-ST2 / AL2 発売

durantymk2.jpg

A&Cオーディオより
Duranty MKⅡが発売されました。
てっきり、Durantyにさらに手を加えた、
ものを想像していましたが、
ウーハーがPPコーンで、
いわゆるプロジェクトFのユニットを
使用したものから変更され、
Durantyに比べると価格は約半分になっています。
プロジェクトFのユニットは確かに、
やりすぎと言う感もありますので、
コストパフォーマンスを考えれば、
これもありでしょうか。
写真のようにソフトドームとアルミドームのバージョンがあります。
ソフトドームのほうが若干安いです。


押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

Dayton Audio PS95-8 発売

Dayton Audio PS95-8

9.5cm ペーパーコーン フルレンジで、
カッパーアルマイト処理されたフェーズ・プラグがついています。
これで、日本での実売価格は3500円ぐらいで、
Daytonらしいハイコストパフォーマンスなデキです。




押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

フォステクス カンパニーは、アクティブスピーカー「PA-3」を12月中旬発売。






グラスファイバーコーンウーハー、
木製のキャビネットで、
販売価格2万円を切るという、
アクティブスピーカー、
写真のように色を選べて、
仕上げも綺麗です。
本格的にFOSTEXもこの手の売れ筋を、
出してきたなと言う感じですね。


押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

新ブランド トライフォニック

triphonic.jpg

A&Cオーディオの高級路線の
ブランドと言う理解でいいのでしょうか?
まだ詳しくはわかりませんが、
新ブランド立ち上げだそうです。
第一弾は、
Duranty MKⅡ
だそうです。
Durantyは、パークの最高級ユニット、
いわゆるプロジェクトFのユニット使用の、
ハイエンドモデルですが、
MKⅡとは?どうなるんでしょうか?


押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

横浜ベイサイドネットにてYBN 3Lセミ・ボックスキット-FR084グロスクリア仕上げ発売中

ybn3lgross.jpg

最近の横浜ベイサイドネットは、
客の方に目が行っていないようなので、
紹介しようかどうか迷っていましたが、
モノは面白そうなので紹介します。

この製品はWavecorの音を聞いてみたい方や、
自作の初心者ではあるけれども、
完成したものはある程度レベルの高いもので、
あってほしい方に最適な商品だと思います。
ポイントは、
塗装済み完成ボックス「白樺合板:12mm厚」
全てを組み立てるのは、
めんどうだけではなく、
ちゃんと圧着して接着したものと、
そうでないものとでは、強度が違い、
音も違うのです、初心者は、
ハタガネなどをもっていないことが多く、
その辺の理解も疎いため、
適当に接着しがちですので、
半完成しているBOXはそういう面でオススメなのです。
塗装でも音は変わります、
この塗装も結構難しいものであるので、
塗装済みであることも初心者には良いと思います。
白樺合板でありながら、値段が安いのも良いと思います。

下記リンクより購入できます。
YBN 3Lセミ・ボックスキット-FR084グロスクリア仕上げ [ペア]


押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

フォステクスは、ブックシェルフスピーカー「GR160」を12月上旬発売。



なんとこれも、先に紹介したELACの新製品と同じ、
底面バスレフです。
背面バスレフが最近のトレンドでしたが、
これからは、底面バスレフが主流になるのか?
一台4万円程になりそうで、
かなり売れ筋になりそうな製品です。


押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

横浜ベイサイドネット、コイズミ無線を敵にまわす?

baysidenetto.jpg

なにはともあれ、
横浜ベイサイドモール・ニュースから引用、

引用開始

もうご存知の方も多いと思いますが、今年8月には、これまで7年近く営業
していた松島ビルを退去し、同じ中区の吉田町にある『サリュートビル』
の7階に移転しました。

 その理由は、当社の一番の取引先で有った『コイズミ無線
』様から、「Dayton Audio」製品や「Jantzen Audio」製品などを、不当に
安売りしている並行輸入業者を何とかしてくれ、との要求が有り、当社は彼
らが直輸入している『PartsExpress』社と、今も、不当な販売の停止を要求
して争っていますので、経営も苦しい状態が続いています。

 何しろ、彼らはおそらく、消費税も払わず、店舗も無く、社員もいないの
でほとんど経費もかからず、価格も安く出来るようですが、彼らと戦う当社
は、彼らと同じような価格を設定せざるを得ず、しかも、その中から、コイ
ズミ無線様にも利益が出るようにしなければならないという状況だったので
、その苦しさは理解していただけると思います。

 それでも、何とか、当社1社だけで戦いを継続し、何社かは、販売・営業
停止させることが出来ました。そうした中で、当社は、こうした並行輸入
業者相手に、平気で販売している日本の正規輸入業者(パークやマークや六
本木工学やロッキーなど)に対して、販売をやめるよう、コイズミ無線様か
ら説得していただくようお願いしていたのですが、彼らを説得するどころか
、コイズミ無線様自身が、当社に何の連絡も無く、直接『Jantzen Audio』
社から輸入するという、並行輸入業者と何ら変わらない暴挙に出たようです。

 当社のメールでの問い合わせに対して、現在のところ、コイズミ無線様か
らは、正式な返事が来ていませんので、断定は出来ませんが、もう既に
『Jnatzen Audio』社のホームページには、コイズミ無線様の名前が掲載さ
れているようなので間違いないことだと思います。
 
 当社は、2003年のオンラインショップの立ち上げ時から『Jantzen Audio』
社のネットワーク部品の販売を行って来ました。当時は無名だったので、秋
葉原のお店が扱っていた『Jensen』と間違われたりして苦労しましたが
『Hi-End Show』に出展するなど宣伝に力を注ぎ、今日では『Jnatzen Audio』
は『ベイサイド』と言われるようになっていました。
 途中、『Jnatzen Audio』製品が売れるようになった頃、あの六本木工学
が『Jnatzen Audio』のディーラーになったりはしましたが、当社の優位性
は変わらなかったため、コイズミ無線様も当社から『Jnatzen Audio』製品
を購入するようになったようでした。

 それにしても、今回のことに関して、コイズミ無線様からも
『Jnatzen Audio』社からも、事前にも、事後にも、何の連絡も有りません
でした。当社の問い合わせに対しては、『Jnatzen Audio』社からメールは
来ましたが、一切の謝罪も無い矛盾だらけの弁解に終始した内容でしたの
で、当社は、日本では当社が、育てて来たと思っている『Jnatzen Audio』
ですが、思い切って、扱いを止めることに決定しました。

 思えば、当社がオンラインショップをはじめた2003年頃にも、当時は、日
本には正規のディーラーが無かった『Tang Bang』の販売を巡って、当社は
『Tang Bang』から出荷停止をされたことが有りました。それは『Tang Bang』
に直接電話してマネージャーに確認し、日本のある会社からの指示だったこ
とが分かっています。
 
 その時は、急きょ、六本木工学が正規ディーラーになり、当社が、これま
で通り『Tang Bang』を日本で売るには、六本木工学と同じ正規ディーラー
にならなければならないと『Tang Bang』からオファーが有りましたが、
当社は、それまでの当社に対する対応などを考慮するとともに、この狭い
日本に、ディーラーを2社にするのは無理だと判断し、彼らのオファーを断
りました。

 そのおかげで、当社は『Tang Bang』に替わる『AuraSound』を見つけ、
『AuraSound』のコンポーネント・ユニットの日本における正規ディーラー
になることが出来たので、今回も、『Jnatzen Audio』に替わる良い部品メ
ーカーを見つけようと思っています。
 
 それにしても、今回のコイズミ無線様の暴挙は、当社としては、決して許
すことは出来ません。『Jnatzen Audio』製品が売れなくなったら、売るも
のがなくなる当社とは違って、彼らは、ネットワーク部品だけで数社の製品
を扱っています。と言うより、日本一の品数を誇っているお店です。そんな
彼らの、今回の行為は、自分さえよければと言う、本当に身勝手な行動と言
うしかありません。

 オーディオ市場が、年々、縮小して行きつつある状況のなかで、どこの会
社も苦しい運営をせまられてはいると思いますが『人間としての最低限の
矜持』は持ち続けたいですね。

引用終わり。

私の意見としては、客に目を向けてもらいたい、
いろいろ事情はあろうとも、
客は良いものを安く買えることが大事なのです。
内部の事情など二の次です。
ベイサイド製の
Tang Bangのユニット使用のキットなど、
あれば面白かったと思うし、
製品の幅も広がったと思う。
良いものを発掘できる店だけに、
惜しい。






押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用


広告
スタッフの方々のスキルが高く、
初心者からオーディオ歴数十年の方々まで、
的確にアドバイスしてくれます。
オーディオの事でお悩みでしたら是非。
プロフィール

オニール大佐

Author:オニール大佐
既婚?歳会社員

ブログ村

押して頂けると嬉しいです。
とても励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
過去記事ハイライト
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログ村